カテゴリー「地産地消と暮らし」の記事

小麦粉を国産にしよう

農と食をつなぐ…地産地消のすすめ 

小麦粉を国産にしよう                                                 
 A_2                        

信濃毎日新聞社「週刊さくだいら」 特集 <2009.8/20号掲載>

食料自給率が41%にすぎない日本は、食糧の奪い合いという世界的な食糧危機に陥ったときには、その影響から逃れることが出来ません。パンやケーキ、麺類で毎日消費されている小麦は、消費量の86%をも輸入に頼っています。国内各地では心ある人による小麦の生産が増え始めました。国産小麦粉を買うことで、使うきっかけをつくり、麦畑を増やす人の輪を広げましょう。

                                         

小麦の歴史と種類
小麦を食べる歴史は1万年以上も前からあり、人類最初の作物のひとつとされています。
小麦の種類は、栽培・色・粒の硬さで分けられます。「春小麦」「冬小麦」、「赤小麦」「白小麦」、「硬質小麦」「中間質小麦」「軟質小麦」です。
「硬質小麦」は強力粉と呼ばれ、パンや中華麺用。「中間質小麦」は中力粉としてうどんや乾麺にされます。長野県の小麦は、冬を越す栽培の小麦が多く、ほとんどが強力粉、中力粉です。
長野県の小麦栽培には、“日本一の小麦粉”といわれた輝かしい歴史があります。北信の川中島は米麦二毛作の肥沃の地で、今は希少価値になっている品種「伊賀筑後オレゴン」の名産地としても全国に知られていました。米を売り、裏作の小麦でつくったおやきや麺類を食べた食文化が粉食文化として残っています。

                                B_2                     

小麦の品種
1986年にシラネコムギが品種登録されてから、長野県では次々に改良品種が開発されました。 
小麦は用途によって使いやすくておいしい粉が必要とされ、多収で栽培しやすいことも望まれます。優良品種は、将来の展望を大きく変えるものです。長野県推奨品種および認定品種の中の6種を紹介します。 
 
シラネコムギ
力強い味で、腰の強いうどんが出来る粉。たんぱく質が多く、そばのつなぎにも向く。

ユメセイキ
シラネに比べ、強稈で多収。穂発芽しにくい。標高800m以下が適地。麺向き。

フウセツ
中力粉の特性を持つ。耐寒・耐雪性、耐倒伏性もある。穂発芽しにくい。

ハルユタカ
風味や甘みが強く、もっちりした食感になる強力粉。優良品種ながら耐病性が劣る。

ユメアサヒ
長稈で倒伏にやや弱い。パン用硬質小麦でグルテンが多い。分けつが旺盛、茎数・穂数が多い。
ハナマンテン
早生の硬質小麦。強力粉の特性で、中華麺向きでゆで伸びしにくい。穂数が多く、多収。

農業を守るために栽培する…
自然豊かな長野県は農業県でもあります。農業は自然を守る側面と自然を失わせる側面の諸刃の剣の姿を持ち、森林や川、土を守るための強い意志とバランス感覚が大切になります。

D 浅間山麓の裾野は、高原野菜の一大産地。その美しい景観は、森林を守り、農地を守ることで維持することができるものです。山間地の農業は、健全な森林とその周辺の健全な生態系があってこそ、農作物の鳥獣被害も防ぎ、高品質の野菜が生産できます。
農業の持つ多面的機能は、洪水の予防、土砂の流失防止、地下水の涵養、気温の上昇緩和、自然環境の保全、景観形成、文化の継承などに現れ、信州の自然環境の保全に不可欠です。
生産者の高齢化が進む中で、残念ながら荒廃地や遊休地が増えています。

E_2

中山間地域直接払い制度
平成12年から実施された中山間地域等直接払い制度。中山間地の農業生産を維持するための取り組みに交付金を直接払い、農業の多面的機能を確保する政策です。
急傾斜や、集落として5年以上農業活動をする等の条件があり、今年は制度の締めくくり年度として今後の継続を望まれています。

G 塩野中山間地事業組合
浅間ビューラインの普賢寺交差点角に塩野中山間地事業組合の拠点があります。
直売所と事務所、ビニールハウスが揃うこの場所には、周辺の集落から組合員が集まり、様々な活動を行います。塩野集落の活性化を目標に平成12年に中山間地域等直接払い制度を受けて始まった組合活動。この制度は条件として離農や耕作中断が許されないため、組合員は「集落協定」を結び、将来のビジョンを確認し合っています。
荒廃地の利用のためにコンバインを買い、大豆、ソバ、そして小麦を栽培して、まず組合員と地域で利用します。さらに地産地消の輪を広げるために、野菜などとともに直売所でも販売しています。

H 地域の子供たちや高齢者の皆さんとソバ打ちなどで収穫物を食べるイベントは地域の活性化につながります。小さな手がソバと小麦粉の手触りを体感するソバ打ちは、食育にも一役買っている活動です。

長野県産小麦の産地化を…
長野県では、「食料産業クラスター」と称し、新商品の開発を推進する協議会が設立されています。地域資源をつなぎ、活かすために、技術やアイデアを出し合って競争力のある商品を市場に送り出す目的を持ち、キノコ、プルーンなどの加工品が商品化されています。
県開発の優良品種が揃った小麦でも、製粉クラスターが設立されました。千曲市、長野市を中心とした地域でのユメセイキ産地化、松本地域でのユメアサヒ産地化、南信のハナマンテンの産地化も加えて、利用用途を広げる展開フローがあります。
  
製粉クラスターの取り組み
県内の二大製麺メーカーが共同開発し、長野県産小麦粉を使いやすい粉にして製パン・製麺業者、飲食店、地元消費者に提供しています。

無添加パンへのこだわりから…P 
小海町の国道141号沿いにある高原のパンやさん。おからパンなど、数々の健康パンを生み出してきた代表の品田宗久さんが、最近熱い目で製造しているのは「おらほの小麦」食パンです。
製粉クラスターに賛同し、県内産小麦粉(ユメアサヒ、ハナマンテン)、天然酵母、ふすま(県内産小麦)、天然塩、八ヶ岳の伏流水を使用。ふすまは最近の研究から食物繊維とフィチン酸による大腸がん予防が期待できそうです。

冬のために…仲間で作る楽しみを
今、南牧村野辺山は、農繁期と観光シーズンとが重なって、一年で一番忙しい季節…。
そんな時に、地域の仲間が集まって小麦の刈り入れと脱穀をします。

風雪にも耐えて実る麦
野辺山で栽培している小麦の品種は、フウセツ。当初、北海道以外の栽培は困難だといわれた耐寒性の品種です。標高1375mの鉄道駅最高地点野辺山は風が強く、厳しい気候。倒伏にも強いフウセツは正に「風雪」の名にふさわしい品種です。

冬の楽しみのために
野辺山の市川春子さんが所属する「Lipの会・ぺパーミント」は、農と食を学び、食品の加工などを実践・普及する会。鹿肉の燻製作りに挑戦したり、子どもたちと楽しむ愛育班のクリスマス会には小麦粉でうどんやお好み焼きを作ります。うどんのこしをだすための足ふみは、子どもたちが出番の作業。
売るための地産地消よりも、まずは自給自足の取り組みから。毎日使う小麦が国産になるだけで、食の楽しみや食料自給率は随分変わりそうですね。

粉文化の信州…地粉で作る郷土食
   信州おやき大集合…!
   
長野県の北部には、おやきを主食にしていた地域もあり、粉食の文化が今に残されています。 
長野市の家庭で使う小麦の消費量は日本一で、県内の家庭での消費量も一人当たり年間5.6kgで、全国平均の2倍以上になります。加工品も含めた小麦粉の全国消費量は一人約30数㎏ですから、小麦は生活に欠かせない食品ですね。
長野市で年に数回開催される「信州おやき大集合!」では、野沢菜漬け、切干大根、丸ナスなどの定番に加え、アンズやリンゴ、クルミなどを上手にアレンジしたものまで、盛りだくさんのおやきが並んで販売され、食べ比べを楽しめます。

O 長野市内のおやき店、直売所自慢のおやきです。焼いて蒸したもの、揚げたもの、実に工夫された素材と製法で独自の味を競っています。

     

地元産小麦粉と加工品

■(農)佐久産直センター(御代田直売所) 
御代田町メルシャン軽井沢美術館前のオートメカFKひろばにある直売所。有機肥料を使い、出来るだけ農薬を減らした栽培にこだわった地元農産物や加工品が並んでいます。

▼小麦粉Q_2   
「ハルユタカ」パンづくりに好適な石臼挽小麦粉。佐久楽農倶楽部、荻原徳雄さんらの栽培。
  ▲そうめん
   県内産小麦ユメアサヒ100%と沖縄の塩使用。

R

■小海町農産物直売所S
国道141号線沿い、小海郵便局前です。臼田産の米粉(グルテン2割添加)と、佐久産小麦粉ハルユタカのセットがあり、ホームベーカリーで1.5斤のパンが焼けます。
    

■こうみゆうきちゃん倶楽部直売所T
国道141号線沿い、高原のパンやさん(小海本店)に隣接。「地粉うどん」は、小海産南部小麦と大分県産自然海塩(なずなの塩)のみ使用。6年無農薬無化学肥料で栽培しているわっか農園の小麦です。

 

直売所へ行こう! 地産地消「信州を食べよう」

キャンペーン参加の農産物直売所で農産物を購入し、「“旬”のスタンプ」を集めて応募すると、抽選で信州農産物をプレゼント!
【500円お買い上げごとにスタンプ1個を押印】

応募用紙は参加直売所にあります。

小麦を栽培してみたいときは…
栽培についての相談
長野県佐久農業改良普及センター
0267・63・3467
■ 種の入手先
嶋屋種苗株式会社
0267・82・3171
1㎏から販売。品種により入手できないものもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「摘み草の里」売木村

                                                      信濃毎日新聞社「週刊いいだ」特集
                          <2008.7/10号掲載>

梅雨入り前のある日、東信に住む私は南信州「売木村」に向かって車を走らせていました。昨年末、東信で摘み草料理の講習会を開いてくださった二人の女性を訪ね、その活動を見せていただく目的でした。
摘み草の里「売木村」…信州に住みながら、名前も位置も知らなかった村です。南信の皆さんは訪ねたことがありますか。初めて行く信州の南端、売木村をウォッチングしました。A

B_2









摘み草弁当に心を込めて
I
こまどりの湯の上にある施設の厨房を訪ねると 奥田一子さんと伊東悦子さんがお弁当づくりを始めるところでした。高齢者の会で食べていただく摘み草料理。この日はお弁当です。
食材を揃え次々に作るチームワークは手際の良いもの。伊東さんは材料を切りながら、その大きさをしきりに相談しています。高齢者の食べやすさへの配慮です。
山菜ご飯を盛る前に「朴(ホオ)の葉でもとってくればよかったね」「あるある外に」の会話で、ホオの葉が摘み取られ、ご飯の下に敷かれました。

H

お弁当は、彩リ豊かに仕上がりました。その一部始終は、女性の細やかな愛情とおもてなしの心をそのままに感じさせるものでした。楽しみながら四季の自然と心を盛り込む…おぼろげだった摘み草料理の真髄をこの時はっきりとつかみ取りました。

てんぷら(山ウド、紅ドウダンの花、サツマイモ)、ネギの花入り卵焼き、ジャガイモ素揚げ、藤の花入り酢の物、含め煮、キャラブキ、山菜ご飯




野山の自然を盛り込む「摘み草料理」で村を知る… 

C D









(左)山ウドの葉はてんぷらに。初秋に咲く花も揚げられます。(右)紅ドウダンの花はてんぷらの彩りに。(5~6月初)

E F









()ネギの花(ネギぼうし)をバラバラにして、卵焼き、じゃこやおかかのしょうゆあえ、みそ汁の具に。(右)殺菌効果のある朴(ホウ)の葉






七月の献立
 

 
G

サツキの花、ヨモギ、柿の葉、イタドリの天ぷらなど







女性パワーで村おこし

「摘み草の里」親善大使

奥田さんと伊東さんが活動する「NPO法人つみくさの里」は、摘み草料理を学ぶ女性グループと村の支援が一体となり、摘み草で村おこしをしようと始まった組織です。
お二人は、昨年末、東信の大学で開かれたる食農教育講座で「野山のごちそう、足元の草で地域おこし」と題した講演をしてくださいました。遠く冬の道を出向いて、「摘み草の里」の紹介と摘み草料理の講義をする姿は、村に住み、食を支える女性の熱意を伝えるものでした。
J

地域を変えるのは女性のネットワークだといわれます。子育てから離れ、生きがいを求める世代になった女性たち。「いろいろなイベントへの参加で少しずつ自信がついてきた」と二人は話します。「全国山野草・つみくさ料理サミット」での活躍からもその姿が伺えます。
他地域への広報活動と地元での実践活動を担う女性たちは時代を変える力です。
「同じ一生なら人に喜ばれることをしたい」。二人のの横顔が輝いていました





村に住む高齢者の幸せ

摘み草料理で親睦会

その日、売木村文化交流センターでは、デイサービスセンターゆうらく荘の「いきがいゆうゆうクラブ」がありました。集まった高齢者の方々のほとんどが一人住まいや老夫婦だけの暮らしです。
輪になって話をし、昼には摘み草料理を食べて普段出来ない交流を深めました。最高齢は98歳のおばあちゃん。「私は草取りが仕事」と口々に話します。午後は、輪投げのゲームで体を動かし、みんなで大笑い。
「私は今、幸せだよ。」というおばあちゃんたちの印象的な言葉に、高齢者を大切にしている村の様子を垣間見ました。楽しい時間があれば、人は幸せをみつけられるのかも知れません。Img_5602 Photo

>






思い出に残る体験学習を

摘み草体験●修学旅行

奥田さんが経営する「つみくさ料理ジュイールどうろく」で、関西からの修学旅行の体験学習を受け入れると聞き、一緒に迎えに行きました。受け入れ式での松村増登村長のお話と中学生との対面は、とても新鮮な時間でした。
下伊那地域での体験学習は、(株)南信州観光公社を介し、農家民泊として企画されています。飯田市から愛知県を経由して浜松市に通じる三遠南信自動車道は、県内そして、関西・中京地域との交流をさらに密にするものになります。
「どうろく」の庭で無邪気に犬と遊ぶ中学生を見ていると、自然の中での心の開放感が伝わってきます。彼らは、見たことのない山菜や花や木の葉を手にして摘み取り、夕食でそれらを味わいます。
Photo_3

次世代に繋がる若者を目の前にすると、この地を第二のふるさとのようにして環境を守る人のひとりになってほしい…と願う気持ちになります。






今、売木村は―――
Img_6700

信州の南端、県庁に最も遠い下伊那地域で小さな村々が自立の道を守っています。自然再生の時代。豊かな自然資源を活用し、次世代に続く環境づくりのための新たな取り組みが望まれています。個性ある村に目を向ける時がきているはずです。
売木村もその村のひとつ。三遠南信自動車道からも外れ、山々に囲まれた秘境で自然を守れる環境の中にあります。静けさの中に時折聞こえる風の音、鳥の声、虫の音…。肌がこの空気に触れたとき、都会の喧騒(けんそう)の中で暮らす人々は、心の奥深くにわき上がる癒しを感じるでしょう。
準限界集落であるものの、さまざまな公共施設が整い、昔ながらの地元の店は住む人の生活に合わせて朝から晩まで開店しています。村の存続にとって一番大事な「住む人が元気に暮らし、幸せを感じているか」は、前向きなヒューマンパワーが答えてくれそうです。

高齢化と限界集落
農山村の過疎化が進み、高齢化と共に集落の存続が危ぶまれています。65歳以上が人口の50%以上を占める集落を「限界集落」、55歳以上が50%以上を占める集落を「準限界集落」と名づけて数値的な把握をしています。あえて“限界”と使ったのは、早い時期に気づき危機感を持って、その歯止めとしての手を打つためで、集落の消滅を予防するためのライフミニマム(生活するための最低条件)を行政に求めています。
長野県では今年「ふるさと納税制度」が制定されました。“ふるさと信州寄付金”として守りたい地域への寄付をすると、個人住民税などが軽減される制度です。農山村の原風景を守るためにも、応援したい村、思い入れのある地域に直接役立つ支援として拡大したい制度です。詳しくは県のホームページで。(http://www.pref.nagano.jp)

標高823m 人口667人 世帯数288世帯

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地産地消と環境

Dsc02658

八ヶ岳の春










 地産地消と安全、安心


 食の安全、安心を手に入れるために、「顔の見える栽培」
  が求めら れています。
 栽培環境も栽培者もわかる地元の生産は、最もトレーサ
  ビリティがわかりやすい生産。
 できるだけ消毒を減らした旬の食材を手に入れましょう。


 農業の多面的機能と地産地消 

後継者不足、農業所得の低迷等々で農地の荒廃が増えて
  います。
 耕さなければ畑で無くなります。
 国内の食料自給率が40%を切り、食料確保への危機感
  や流通の矛盾
等を抱えながら農業の振興が望まれています。

 農地の大切さは、

 ①洪水の予防  ②土砂の流失防止  ③地下水の涵養
   
気温の上昇緩和  ⑤自然環境の保全  ⑥景観形成、

  ⑦文化の継承

などの多面的機能にも現れます。

 
農業生産は消費することで守られます。地産地消は産地
  づくりの原点。
  地域の生産物に愛着を持ち、生産の意欲と生産力を支える
  ことから日本の農業を守りましょう。

                                                                                                                                                         

                                                               

                                                      

                                                            

                                                                

                                                             

                                                               

| | コメント (0) | トラックバック (1)

地産地消と食文化

「地産地消」って・・・
                                                                Dsc02388                                           

「地場生産-地場消費」を意味します。
  地元でとれた生産物を地元で消費する、
という意味で使われています。                                  

「身土不二」(しんどふじ)という言葉もあり、
身体と土とは一つで、身近なところ(三里
四方、四里四方)で育ったものを食べて
生活することをよし、とした考え方です。

「身土不二」は、仏教では「しんどふに」と読み、中国の仏教書「廬山蓮
宗寶鑑」(ろざんれんしゅうほうかん、1305年)という文献で初めて使わ
れたようです。

地産地消と食文化

トントントン・・・かつての日本では、朝、台所から聞こえる包丁とまな板
の音で目覚め、おいしそうな匂いに包まれる夕げの支度の風景が、
温かい家庭の象徴でした。

進歩した食文明の中で、暮らしの欧米化や文明の利器による簡便化が
食生活を変化させています。
中食、外食が増えた食生活は、環境で育つ食文化を置き去りにして、
人の健康や心にもアンバランスなひずみやゆがみを生んでいます。

メタボリックシンドロームやアトピー、花粉症などが増え、食生活の改善
が必要な時代です。地元の食材による郷土食やわが家の味づくりによっ
て、地域の伝統と食文化を伝えていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)