« 高原の太陽と実りの豆…「モロッコインゲン」 | トップページ | 華のある暮らしの応援花「ポインセチア」 »

地元産がおいしい…みずみずしい夏の味「メロン」

Photo          














                信濃毎日新聞社「週刊さくだいら」
                            <2003. 8/ 7号掲載>

夏の信州は旬の味覚の宝庫。地元の生産者の作物を地元で消費する「地産地消」は、“顔の見える販売”としての安心感があります。
トレーサビリティ(生産履歴)を語る時にもこの信頼関係は大きな支え。地元消費が増えれば、生産者の意欲も増し、産地づくりの底力となり、生産者の拡大や地域の環境づくりに役立つでしょう。
佐久平のアールスメロン生産、その周辺に焦点を当ててみました。

夏の健康づくりに利尿効果

夏は食欲が落ちて栄養のバランスも崩れ、清涼飲料水などをガブガブ飲んでしまいがち。水分の補給は、ミネラルを含む昔ながらの麦茶やフルーツなどが理想的だ。
ウリ科のメロンやスイカに含まれる“カリウム”は、尿と一緒に余分な塩分を排出する働きがある。むくみをとったり、体を冷やす作用があるので、快適な夏を過ごす食のアイテムのひとつになる。 

メロン   (御代田町)(小諸市)

キャベツやハクサイ、レタスの畑が一帯に広がる御代田町小沼地区。雄大な浅間山をバックに、竹内信一さんのガラス温室が並んでいる。約20年前に建てた立派なハウスだ。

当時、市場で働いていた竹内さんは農業の道に入り、ガラス温室で栽培する品目を考えていた。
流通する様々な作物の動向に詳しいことも助けとなり、高級品だったメロンに着目した。「飛騨の高山で栽培されている」と聞いていたが、竹内さんは実際に栽培し、手応えを感じた。

周囲の心配をよそに、最高級のアールスメロンを栽培し始めた竹内さんは、大きく実ってきた玉の変化に驚いた。「メロンが割れて赤い汁が出た。」 メロンはネットの亀裂が入る時わずかに汁を出すのだ。
高級メロンは、1本に1玉だけに養分を集中させて大きく実らせる。味の芸術品”といわれるように、味とネットのバランスが価値を高める。 
Photo_2
竹内さんは、毎朝葉を見て潅水の量を調整し、天候による温度管理を窓の開け閉めでこまめに行う。高原ならではの朝夕の寒暖の差が、おいしいメロンづくりへの好条件となっている。今は収穫最盛期。毎日メロンと向かい合って収穫適期を見極めている。







ギリシア語でメロンの語源は「リンゴのようなウリ」。ウリ科で品種も多いが、アールス系は香りが強く味もよく、メロンの最高峰とされる。

  
<蜂の受粉> 
花が咲くとハウスの中に蜂の巣箱を置く。蜂は1週間から10日間でまんべんなくメロンを受粉させる。
Photo_7







<メロンのネット> 
ネットは最初、縦に割れ目のように入り、次第に横にも盛り上がりながら入り、平均した網模様になる。
Photo_4










実を厳選する摘果
アールスメロンは、受粉した小さな実を3~4玉残して摘果し(摘み取り)、さらにピンポン玉位になった時、形の良い1玉だけにして実らせる。
摘果したメロンは、浅漬け、粕漬けで歯ざわりのよい食感を愉しめる。
Photo_8










プロジェクト
さくだいら

  「最高級のメロンをつくろう!」 男たちは高原での栽培に挑んだ

意欲的にアールスメロンの栽培をする生産者が徐々に増え、産地化への夢を持った時、ひとつのプロジェクトが誕生した。
生産者とサポートする組織や技術者による作業分担。それは、一丸となって“無から有を生み出す”挑戦だった。
  
栽培技術の確立を中心となって担当したのは、当時長野県佐久農業改良普及センターで技術指導をしていた梅香栄司さん(臼田町在住)。
一般の品種とは栽培方法の違うアールスメロンの安定した栽培を確立するために、様々な栽培試験を重ねていった。
試験区をとり、生長を写真に記録しながら、細かなデータを採る。栽培に失敗は許されない。「寝ても覚めてもメロンだった」と、梅香さんは当時を懐かしそうに話した。

作物の栽培には、適地適作といわれる環境条件、環境にあった品種、産地化できる栽培技術、そして、産地を継続するための生産者、販売技術が必要となる。
自信を持って栽培する竹内さんたちのリーダーシップは核となり、種苗会社、JAの技術指導、販売戦略、行政の支援も大きな力となった。

Photo_9

定年後、地域で“ほたるの棲める環境づくり”に取り組む梅香さん。今年、交流の場となる公園の完成を実現させた。






 

|

« 高原の太陽と実りの豆…「モロッコインゲン」 | トップページ | 華のある暮らしの応援花「ポインセチア」 »

農産物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527228/22679318

この記事へのトラックバック一覧です: 地元産がおいしい…みずみずしい夏の味「メロン」:

» 私書箱 [私書箱]
私書箱 [続きを読む]

受信: 2008.08.01 17:50

« 高原の太陽と実りの豆…「モロッコインゲン」 | トップページ | 華のある暮らしの応援花「ポインセチア」 »