« 高原は夏、真っ盛り…③プル-ン | トップページ | 信州リンゴ  世界に誇るふるさとの味 »

高原は夏、真っ盛り・・・④メスレー

Photo_12











                 信濃毎日新聞社
                「週刊さくだいら」特集
                2002.8/8号掲載

夏の信州は自然の楽園。灼熱の太陽を浴びた果実は一気に熟し、そのおいしさを競っている。
のどを潤すフレッシュフルーツは、夏の水分補給には理想的。しかし、未熟で食べたり、過熟で味がボケていては、折角のおいしさも台無しだ。
フルーツをおいしく食べるキーポイントは、食べ頃を知ること。
生産者が丹精こめて育てたフルーツたち。完熟のおいしさを届けるための生産者の努力は、消費者が最高においしい食べ時を見極めて「おいしさの感動」を味わう時に成就する。


甘~いスモモは、短かい旬

メスレー     大里(小諸市)   
   Dsc02977_2
「メスレー」…耳慣れない名のフルーツに出会った。
北佐久地域での出荷農家はただ一戸だけらしい。
「メスレー」それはスモモの一種。収穫期は7月末から8月お盆前。旬が短い“幻の果実”だ。


Dsc02873_2






1_2




たったひとりの生産者は、小諸市芝生田の関照雄さん。
約20年前、関さんがその名を記憶に留めぬままに植えた苗木が実を結び、そのおいし
さに感動したのが栽培の原点だ。
あまりにも旬が短く、流通に載せる難しさから知名度は低いが、完熟を冷して食べると、真っ赤な果肉がこれは甘い。
関さんは「ぜひ一度食べてもらいたい」と、その味を語る。メスレーは、実の先端が赤黒く色づき始めると食べ頃になる。

台木に接いで育てた原木。この一本が栽培の元となった。Photo_13

 










*完熟の実を加工すると、深紅の果汁を楽しめる*

  果実酒Dsc03015_3 Dsc03040_2                    フルーツソース

|

« 高原は夏、真っ盛り…③プル-ン | トップページ | 信州リンゴ  世界に誇るふるさとの味 »

農産物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高原は夏、真っ盛り…③プル-ン | トップページ | 信州リンゴ  世界に誇るふるさとの味 »