« 地産地消と環境 | トップページ | 大地がつなぐ次世代への道「白菜」 »

「浅科五郎兵衛新田米」

                   信濃毎日新聞創刊130周年PR特集
                                2003. 7. 4掲載
     
      信州再発見
  
     信州のを楽しむ贅沢

     A3b_2 

     土、水、光、そして土を耕す心、
     健康な作物はおいしい
。 

 どんなに美しく盛られた料理でも、安全性に不安が
 あったらどうだろう。 
 安全な食材は、豊かな自然の力をたっぷり吸収している。
 そんな農業を実践している生産者たちを訪ねた。  
                    Dsc04988_6

 「浅科の米は
    自然にうまい」 


佐久盆地の一角、浅科村(現佐久市)は「浅科五郎
兵衛新田米」で知られる米の産地だ。
六月のある日曜日、この村に田植えを楽しむ人々
が集まった。「夢の芙蓉会」。
手にしているのは酒米の苗だ。米作りから酒を楽しむ
仲間たちは、地元や関東地方から集まり、昨年の酒米から醸造した酒を
傾けながら、和気あいあいと時を過ごす。
昼食は郷土料理を囲んで語らい、話題は陶芸やそば打ちにも発展していく。

Photo_7

話の輪の中心にいるのは、有機五郎兵衛米
研究会の三代目会長、伊藤芳人さん。
水田の地主さんである。
伊藤さんは浅科村の米のおいしさの理由を
「醸し出されているから、自然にうまい」と語る。

環境が醸し出す味・・・。

蓼科山中腹の源流からこの地まで引かれているこの用水は、イワナや
ヤマメを田に運ぶほど冷たく清らかだという。
重粘土の土壌が米づくりに適し、昼夜の温度差が減農薬栽培を可能に
する。
米どころで酒米を作るのも、自然の力が酒のうまみを醸し出してくれると
思うからだ。

江戸時代、市川五郎兵衛が私財を投じた新田の開発は、不毛の原野に
命を与えた。
米が地域ブランドになるまでには、その土と水を守り続けた先人たちの
努力と、研究会の熱心な活動、そして地元の販売店の理解があった。

勧められるままにおにぎりをほおばると、おいしい。
「おいしさ」とは、体が自然に求める味だと再発見した。

Photo_6

Dsc05001

 

 

 タニシまき                                          

                                                                                         タニシ   
   

「浅科五郎兵衛新田」とおいしいお米
   (財)日本土壌協会刊行 「圃場と土壌」
         2004.3月号

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

noodle 料理の言葉を知ろう かんたんクッキングEX   

riceball 
素材を知ってつくろう かんたんクッキング    
                        

restaurant  わが家の食育「お家で作ろう! 食べよう」   

pen 春夏秋冬いつもそよ風
                             

|

« 地産地消と環境 | トップページ | 大地がつなぐ次世代への道「白菜」 »

農産物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527228/10912106

この記事へのトラックバック一覧です: 「浅科五郎兵衛新田米」:

« 地産地消と環境 | トップページ | 大地がつなぐ次世代への道「白菜」 »